なんとかなる日々

なんとなく きげんよく のびやかに。

心理学

声が大きい人って。

以前の仕事で、いろいろと注文(もんく)の多いお客へは対応が厚く、その反面、会社の想定通り、ある意味「きちんと」利用してくれているお客へは、通常対応がなされていました。厚く、というのは、手間と時間がかかる、ってことなんだけど、その手間と時間…

「コト」に感情があふれる

時代設定がぽんぽんと飛ぶお話。 マザリング・サンデー 著:グレアム・スウィフト 訳:真野泰 最近は、魔法にかからないことを魔法使いに重宝される女子のお話とか、78歳の老人探偵とか、リズムのいいものを読んでいたので、一気に別モードのご本となりまし…

メタメッセージと共依存

メタメッセージ。言外の意味。これを読み取るのが下手です。 まわりは理解しているのに、自分だけなにやらわかっていない‥ような感じ。「わかってない」ことに気づくのが、ワンテンポずれるので、さらに気まずい。「あ、そういうことやったんか」と気づける…

ふわふわな想い

今日の関西、気温は10℃前後なんだけど、風がねぇ、冷たくて、ピューピュー厳しかったです。派遣仕事は無事に仕事納めとなりました。よくがんばりました。仕事環境もよい感じになってきていて、いろいろありましたが、めぐり合わせに感謝です。 さてさて、今…

伝えたいことの伝え方

これみよがしに、面と向かって意思表示するのって、とても大変。そこにいる人みんなが同調している流れであれば、するっと自分の意向を言えたりするけれど、そうじゃない人がいる場面とか、自分のことを言わずに後から「そんなつもりじゃなかったのに」と言…

お盆なので守護霊のおはなし

でかけると通り道のお墓にはどこもきれいなお花がいけてありますね。お花屋さんもお盆のお花満載です。菊も好きなんですけど、お部屋で洋風に活けてみても、どうしても仏花のイメージになってしまって‥菊は剣山で和風の花卉(かき)にいけるのがいいですね。…

おいしいビールを飲みながら

こんだけ暑いとビールがおいしい。カフェの珈琲より ハッピーアワーの生ビールのが安いのよねぇ‥てことで、昼間っからお店でビール、飲んできましたよ。冷やかし1杯と決めて、読みかけの本をもって、夏の明るい陽射しの中、カウンターから通りが見える席に座…

あやしいけどおもしろそう ~「野の医者」レポート

わたくしは非常に怖がりで、これまで「あやしい」ことからは、できるだけ距離をとってきています(-記事 2019-03-30)。でも、ここ半年に読んだ書籍に「野の医者‥」っていうのがあって、それが、とてもおもしろかったのです。その影響で、ここにきて興味がす…

ちゃんと大事にできている?

関西も梅雨明け宣言でましたねー。気温32度に湿度60%。ここのところ、雨や曇り空で、日照不足でどよよーんとしていたのだけれど、いざ、日照が戻ってきたのに、なにやらくったりしております。 このあいだ、TVで、修行をしてる若いお坊さんに蚊がとまってて…

ニュートラルが元気ってわけじゃない

関西は雨もあがって入道雲が出現してます。気温もじりじりと30度を超えて湿度57%。風があるから、まだいいかなぁ。 「野の医者は笑う 心の治療とは何か? 著:東畑開人」に、「この世界では精神医学が言う"軽い躁状態"を一番元気な状態だと見ますね‥軽い躁…

オープンキャンパス行ってみた

現在わたくしは無職生活を邁進中。引きこもらずに人とかかわっておくために、人に会う何かをしておこうとカウンセラーの講座に通っています。もともとコミュニケーション技法にとても興味があって、実践中心の講座があるところに焦点をあてました。今 通って…

極楽っておいしいの?

著:中島敦の「悟浄歎異」を読んでいます。わたくしの世代だと、西遊記というと、ドリフの人形劇と、堺正章が孫悟空やってて、テーマソングはゴダイゴじゃないでしょうか‥あら、悟空と書くと脳内にはドラゴンボールのイメージがすぐでてきますね、恐るべし鳥…

鏡を見ないでおれる?

鏡を見ずに暮らせるのだろうか。アメリカの社会学を勉強する女性が1年間(その間に結婚式もあげている)、鏡を見ない生活をして、その著書もだしている‥ちなみに英語なのでわたくしは読めていません。 どうなんだろうなぁ。考えてもみたことがなかった。「鏡…

挑戦というか、初めてのことごと

今日の朝ごはんは、おはぎとなりました。昨日、ちょっといいオリーブオイルが手に入ったので、夕方、夜ご飯においしいバケットで食べようとパン屋さんにでかけて、その途中でナダシンのおはぎと大福セットに呼び止められてしまいました。買ったはいいものの…

書いて 破って 捨てる

プリンタで出力すると、どんどん黒すじが入るようになってしまったので、観念して、この間、カートリッジを交換しました。勤めてたときは、複合機(コピーとかプリンタとかが一緒になったの)のトナー交換は、メーカーの人が使用済みのトナーを回収してくれ…

花 フラワーエッセンス

ネットをうろうろとしていて「フラワーエッセンス」というものが目に留まりました。普段の生活の中で不安で仕方ないときとか、風邪気味なときとか、ちょっと具合が悪いときに使用するものとか。なんだろうなぁとむくむくと興味がわきまして、調べてみたら、…

ことばって

おのころ心平さんの「病気は才能」に書かれていたことなのですが、 人は言葉で思考する。そして、思考はその人をつくり、やがて、その人のカラダに抜き差しならぬパターンを染みこませていく。言葉で「自分」を規定し、自分の存在のフィールドを固めていく。…

カラダとココロ

「病気は才能 著:おのころ心平」を読みました。病気って何?、そもそもカラダを癒すってどういうこと? ということがちょっと変わった視点で書かれていました。日本は治療っていうと保険対応ってなって、ほとんどが現代西洋医学で診療されるけれど、世界で…

人の話なんて聞ぃちゃぁいない

著:内田樹の「死と身体」からの思索のつづきです。コミュニケーションとして「ことば」とか「音」とか「メタ・メッセージ」に続いて。 普段から思っているのですが、会話というけれど、「語られているコト」について話しがされてることってほんとに稀で、た…

「ことば」の「音」、会話は交換。

はい、「死と身体 著:内田樹」を読み込んでおります。最後まで読んだんですけど、私が思っていた、占い的な "死んだ人とコンタクトをとる" というのんじゃ なかったです。ほほほ。えっと、人類学的に、人間の定義のひとつとして「葬儀」をすることをあげて…

「あやしい」こと

「怖がり(2019.3.30)」の記事で、あやしいことには近づかない、と書いたのですけど、近づかないためにも、その「あやしい」をちょっと知っておいたほうがいいかなぁと「死と身体 著:内田樹」を読んでいます。「技法以前」からのつながりでアンテナにひっ…

選択肢

今日、何をしようかなぁと決めるのも選択肢。人生は自分の選択肢のうえでなりたっている。 「選択の科学 著:シーナ・アイエンガー」を数年前に読んでいて、著者がインド系の盲目の女性教授で、このご本は まず、ご両親の結婚のなれそめから書かれていて、イ…

さて「わたし」

5/20 月曜日の14:00現在。関西ではものすごぉ~く久しぶりに、雨が降ってきましたねぇ。天気予報では明け方から雨ってなってたので、のんびりと朝寝しようと目論んでいたのに、目が覚めて窓から見上げる空が結構いいお天気で。こりゃ軽く走るのが気持ちよさ…

あなた と わたし

「技法以前 著:向谷地生良」を行きつ戻りつ読んでいます。統合失調症をかかえる人たちとのかかわり方を軸に書かれているのですけど、普段の日常でも役立つようなことがいろいろと書かれていて面白いのです。 統合失調症とは、妄想とか幻聴とかが生じて、現…

現状維持‥‥意地?

わたしは、あかんなぁと判断すると、さくっと変えていきます。お仕事も、お付き合いする人間関係も。それなりに七転八倒して悩んで 苦しんで 傷だらけになって ぎりぎりまでやって へとへとになって、そして自力でふらふらになりながら 変えてきています。相…

ぷるぷる計画

「技法以前 著:向谷地生良」の中に記載されていた詩です。ニューヨーク大学のリハビリテーション病院の壁に掲示されているとか。 -----作者不詳 大事を成そうとして 力を与えてほしいと神に求めたのに慎み深く、従順であるようにと 弱さを授かった より偉大…

機嫌悪くてもいい

ひゃー、ビールのおいしい気温(25℃越え)になってきましたねー。わたくしはバドワイザーが好きです。そういえば、むかぁしOPENイベントでバドガールがやってくるというお店に、わくわくして行ったことがあります。女子だって、きれいなおねぇさんにはワクワ…

名前と自我

2-3歳ぐらいになるまで、ヒトは「わたし」と「わたし以外」の境目が曖昧です。生まれたばかりの赤ちゃんには名前がなくて、周りに名前をつけてもらって、その名前で呼びかけられることで、「わたし」が〇〇という名前であると理解して、「わたし」と「わたし…

その時 欲しい物を 手に入れていく

欲、深いですねぇ。あ、「欲深い」ってことじゃないんですよ。「欲」について考え始めると、芋づる式になるなぁと。仏教では財欲・色欲・飲食欲・名誉欲(名誉欲って承認欲求ですって)・睡眠欲が五欲とされていますし、欲って 良く言われているのをあまり聞…

「なんで(なぜ)」はキツい

「なぜ」、 関西弁では「なんで」。これって とてもキツい言葉だと思うのです。英語にすると「Why」で、その問いかけには「Because」で原因を答えるのが中学英語では正解。 「なぜ」の使い方で、有名なのが トヨタのトラブル分析の「なぜ5回」。トラブルが起…


スローライフランキング